訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.22

クラフトロボ:アイロンプリント作りのポイント(おてがるアイロンプリントシール編)

カッティングマシン・クラフトロボ(Craft ROBO)を利用した、クイックアートのプリンタ用紙での作り方の具体的なポイントなども紹介していきます。

第二弾はアイロンプリント。

まずは洗濯につよいおてがるアイロンプリントシール作りのポイントです。

人気ブログランキング
参加中!手芸・ハンドクラフトblogランキング

※実際の作品はクラフトロボ作例:アルファベットロゴをアイロンプリントへ♪

おてがるアイロンプリントシールは厚みがあるので、クラフトロボでもちょっと切りぬきにくいようでした。
作り方は難しくないです。
図案を反転する必要がないので、簡単に作ることができます。

白文字なら印刷しないで即クラフトロボでカッティングすればOK。

クラフトロボでアイロンプリント
↑画像クリックで拡大します

灰色っぽい写真に見えますが、実際は真っ白な用紙をそのままカッティングしています。

カッティング中に白い粉状の削りかすがたくさん出てくるのが少し難点でした。
ほっておくと、だんだんクラフトロボの切れ味が悪くなってきます。

一枚カットする度にこまめに刃先を掃除しましょう!

クラフトロボでアイロンプリント

こんな感じでシールのようにカットできます。

ただ、厚みがあるのでカーブなど一部切り抜けていない部分もあるかもしれません。
カッターを使って切り取ると上手く仕上がります。

★クラフトロボ設定メモ★
おてがるアイロンプリントシールをクラフトロボでカットする場合は、刃先の調整キャップは赤(0.3mm)の厚い素材を切る設定にしましょう。
カッティング台紙は使っても使わなくてもどちらでもOKでした。
スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。