訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.11

クラフトロボ:ラミネートシール作りのポイント2

クラフトロボ:ラミネートシール作りのポイント1の続きです。

カッティングマシン・クラフトロボ(Craft ROBO)を利用した、ラミネートシールの作り方の具体的なポイントを紹介しています。

人気ブログランキング
参加中!手芸・ハンドクラフトblogランキング

クラフトロボのカッティングはかなり正確です。
ラミネートシールもクリアタイプなら、素材の一番外側のラインでカッティングしてもほとんど問題ないです。

ただクリアタイプでも外側の色が濃い場合や、特にホワイトタイプですと、ほんの少しカッティングがズレただけで印刷されていない白い部分が目立ってしまう可能性もあります。

そのため、印刷する素材はカットサイズよりも外側にはみ出すように作っておいてもよいです。

クラフトロボ使ってみました:ラミネートシール編のお名前シールも印刷した素材より小さめにカッティングしてあります。
これはカットするサイズよりも大きめに素材を作って印刷をしたためです。

文字だけの説明ではわかりにくいので、こちらをご覧ください。

クラフトロボでラミネートシールをカット ←このようなシールを作りたいとき

素材のデータを作り保存しておきます。
その後、カットしたいラインより少しはみ出すように外側の色で塗りつぶしておきます。

クラフトロボでラミネートシールをカット ←素材のデータ修正後

外側の円が大きくなっているのがわかりますか?
この図ではきっちりと円の形で広げて塗りましたが、もっとアバウトでもOKです。

そして、外側を広くした修正データで印刷をします。
(左右反転を忘れずに!)

印刷前にPCに保存するなら、元データに上書きをしないで修正データは別名で保存しておきましょう。

印刷完了しましたら、修正前の元データを読み出し、クラフトロボでカッティングをします。

クラフトロボでラミネートシールをカット ←赤い線がクラフトロボで切る線

これで外側までちゃんと印刷されたシールかできます。

好みにもよりますが、余白を作ってカットしてもいいですね。

クラフトロボでラミネートシールをカット ←赤い線がクラフトロボで切る線

赤ちゃん用おやつ容器をシールでリメイクの外側の文字はこちらの方法で作っています。

★設定メモ★
ラミネートシールやステッカー作成シートをクラフトロボでカットする場合は、刃先の調整キャップは赤(0.3mm)、カッティング台紙を使わない設定がベストのようです。
黄色(0.2mm)では表面の透明フィルムだけしか切れない箇所もありました。


スポンサーサイト

ラミネートシールトラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

A4サイズの廉価モデルだと、筆圧の関係で0.3mm厚キャップを使っても完全に切れない(粘着シートだけ残る)場合が多々あります。
仕方ないので、わたしは後でプロッタのカッターを使って手でなぞって完全に切り抜いています。単純な図形は何てこと無いのですが、複雑な図形だと結構神経を使います。
カッティング速度は、遅めにする方が切り残しの発生は減る感じですね。

ろぼっと:2008/08/31(日) 00:58:24 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2011/01/04(火) 03:28:01 | | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2011/01/04(火) 09:30:06 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。