訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2013

05.25

30cm定規・ものさし入れ

小学2年生くらいから算数の授業で使うようになる、30cmものさし。
「ケースがあるといいですね、って先生が言ってた!」と娘に言われ。。。

細長くてなんだか面倒そうだし、気が向かずにいたけど
でも絶対後回しにしてしまいそうだったので(よくわかってる!
思い立ったが吉日!
ささっと作ってみました~☆

IMGP9379.jpg
↑画像クリックで拡大します

というのは誇張はいってまして^^;
実はかなり、試行錯誤をした成果なのです。

IMGP9380.jpg
↑画像クリックで拡大します

上部に入れ口から簡単にものさしを出し入れできます。

人気ブログランキング
ハンドメイド作品がいっぱい♪
IMGP9381.jpg
↑画像クリックで拡大します

こちらは裏側。
ピンクのドット柄♪
名前はアイロンプリントシールでぺたり。

作り方は、アイリスのお針箱【布思技の国のアイリス】さんを参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます!ありがとうございます~

とても画期的!           
ちょっと複雑?難しそう?って見えても、長方形の布を縫い進めてゆくだけなんですよ。

ここにたどり着くまで、ほんっと苦労しましたよー

まずはケースはふかふかなものがよかろうと、キルティング布を使って試作。

IMGP9378.jpg
↑画像クリックで拡大します

裏地をつけ、一般的な返し口を作る方法です。
これが、もう全然ダメ!!でした。
キルティングに厚みがありすぎてなかなかひっくり返らない~

そしてやっと表に返したら、厚みがありすぎてものさしが入らないという;;

簡単じゃーん!と思った数十分前の自分を責めたい気持ちになりました。。。

ただのものさし、そこまで大事に保護しなくてもよいかと
キルティングは泣く泣くあきらめ。

そこで見つけたのがアイリスのお針箱さんのブログです。

薄手の布1枚だとぺらぺらすぎて、きっと中にいれにくいだろうけど
2枚重ねならどうだろう?と作ってみたら。。。あらあっという間!
しかも、出し入れもするっとできるのです。

布の厚みは、中薄手までいくと、縫い代が重なりが目立つため
シーチング、ブロードくらいの薄手の方が適していると思います。

調子にのったYAM、少し改良してまた作りました。

IMGP9382.jpg
↑画像クリックで拡大します

じゃーん。男の子用です。
一応、お兄ちゃんのために。。。と作ったのに
「ものさし無くしたからいらない」と言われてちょっと泣きそうです。

IMGP9383.jpg
↑画像クリックで拡大します

国旗柄の布が少し長さ足りなかったので切り替えました。
本当は切り替えはない方が、縫い代がごろつかなくてよいかもです。

星はおなじみ「アイロンラメシート」
tetoteで販売中ですよ~っ(宣伝

IMGP9384.jpg
↑画像クリックで拡大します

上下がわかりやすくなるように目印として上部にループをつけました。
机やランドセルの横にひっかけらけて便利そうです。

IMGP9385.jpg
↑画像クリックで拡大します

裏はブルーのギンガム。
名前記入欄つき!

覚え書き用に作りながら写真も撮ってみたので、次回の記事にしちゃいますね。
スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。