訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.09

リメイク技♪アイロン台カバー作りました

ドライアイロンを購入したら、急にアイロン台の汚さが気になりました。

思いついたら早速、カバーのリメイク開始です!

アイロン台をリメイク
↑画像クリックで拡大します

新しいカバーは、元気なチェック柄にしました♪

人気ブログランキング
ハンドメイド情報はこちら♪

アイロン台カバーのリメイクの手順です。
とっても簡単ですよ。

失敗談も参考にしてくださいね(笑)

[材料]布、バイアステープ、そしてひも又はゴム

・私の持っているアイロン台のカバーを作るには、布は長さ50cm、バイアステープとゴムは2m50cmで充分足りました。
・バイアステープがなくても作れます。(詳しくは手順の最後をご覧ください)

アイロン台をリメイク

今まで使っていたアイロン台のカバーを取り外します。
そして、新しくカバーにする布の上にのせて、一回り大きく、大胆にカット!

画像にあるようなカッターマットとロータリーカッターがあれば楽々ですよー
もちろんはさみでじょきじょきと切ってもOK!

アイロン台をリメイク

バイアステープを使うので、1cmほど大きくすればいいかな?と考えていたのですが・・・
これが失敗の元でした。
2~3cmほど大きめにする必要があったようです。
バイアステープを使わないなら、それよりもっと(たぶん5cmくらい?)大きめに。

アイロン台をリメイク

バイアステープの片側をミシンで縫います。
後からゴムor紐を通すための開きを作っておきます。

アイロン台をリメイク

細めの(1.8cm)バイアステープなので、2つ折りにしないで全部裏側に倒してミシンで縫いました。
布に表裏がないのでわかりづらいのですが、写真は裏側から見たところです。

アイロン台をリメイク

ゴムをいれて完成!

・・・と思いきや!

微妙に小さくてはいりません(涙)
仕方がなくバイアステープの片側を根気よくほどいて、今度は2つ折りにして縫い直しました。

アイロン台をリメイク

2つ折りだと細すぎてゴムが通しにくいため、片側の縫い代を折らずに伸ばして縫い付けました。
アイロン台の裏側になる部分で見えないしということで、かなり縫い目は適当です^^;

アイロン台をリメイク

無事入りました~!!

でももう少しゆとりがあってもよかったです。

バイアステープを使わない場合、三つ折りで始末します。
カーブがあると三つ折りは難しいのですが、見えない部分なので適当にしわを寄せながら縫ってくださいね。(もともとついてたカバーも三つ折り処理でした)

作り直す手間がなければ、所要時間は30分くらい。
カバーが可愛くなるとアイロンがけも楽しくなりましたよ♪

スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。