訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.25

アイロンプリントはプレスが命!

クイックアートHPの「アイロンプリント活用講座」、もうチェックしましたか?

ポイントその2はアイロンプリントのプレス時の注意事項です。
なぜ失敗するかというと、プレスがうまくいかない、つまり、「圧力と熱がアイロンプリント紙に伝わってないから」なんですよね。
ということは・・・

人気ブログランキング
参加中!手芸・ハンドクラフトblogランキング
プレスさえ成功すれば、仕上がりは確実によくなる、ということですね♪

アイロン台は使わない
これはアイロンプリント用紙の説明書きにもしっかり書いてあるので、知っている方も多いと思います。
でも、どこでプレスすればいいの?とお困りの方へ。
私はいつも木製(天然木)のテーブルの上でプレスしています。
高さがちょうどよく、圧力がかけやすいです。
ただ、テーブルの材質や塗装によっては熱に弱いものがあるかもしれません。
天然木ならまず大丈夫だとは思いますが、万一の事故も避けたい場合は、テーブルの上に板や不要なハードカバーの本をのせてからプレスしてみてくださいね。

端の部分は念入りにプレス
アイロンの△の真ん中でしっかりとプレスしましょう!

黒・白共用アイロンプリントシールの場合は裏紙の剥がし忘れに注意
こんなケースもあるんですね。納得です。

白・淡色生地用洗濯につよいアイロン転写シートの場合
そうなんです、私もせっかちなのですぐ仕上げシートを剥がそうとしてよく失敗してました。
でも、クイックアートさんのスタッフの方にアイロンプリントを実演してもらったときに、仕上げシートを付けたまま壁やテーブルなどに用紙を滑らせて熱を冷ましていたのを見て、「なるほど!」と感動しました。
それ以来、私もその技を使わせてもらってます^^

プレスを極めれば仕上がりの満足度がグッと上がりますよ♪

スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。