訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.20

アイロンプリントに適したアイロンって?

クイックアートさんのHPに新しいコーナーができていました。

その名も「アイロンプリント活用講座」!

ポイントその1はアイロンプリントのプレス時に使うアイロンについて。
そうそう、アイロンの使いこなしは重要なんです。
仕上がりが全然変わってくるんですよ。

人気ブログランキング
参加中!手芸・ハンドクラフトblogランキング
まずは、実際のアイロンプリント活用講座のページに一度目を通してみてください^^
イラスト入りでとってもわかりやすいです。

アイロンの形状に注意
温度が安定して高い真ん中の部分でプレスする必要があるので、底が「平ら」で「硬い」アイロンでなくてはならないんですよね。
当ブログの重要!アイロン使いのコツにもあるように、せっかくのアイロンプリントが後から剥がれてしまう・・・そんな場合は要チェックです。
しっかり△の真ん中でプレスしましょう。

コードレスアイロンよりコードのあるアイロンがベスト
私が使ってるのはコードレスでした・・・
でも説明どおり、こまめに充電をすれば問題ナシです♪

スチームの穴のないアイロンがベスト
残念ながら、我が家のアイロンはスチームアイロンなので穴が開いています。
でも△の真ん中には穴が開いてないので、特に不便はありませんでした。

アイロンプリントに適したアイロン

極端に小さいアイロンや持ち手部分が弱いアイロンは不向きです
これも当然と言えば当然ですね。
アイロンとしての機能も低いので、仕方ないかもしれません。

温度調整が細かく設定ができるアイロンがベスト
こ、これも残念ながら・・・

アイロンプリントに適したアイロン

しかも、アイロンプリントではいつも温度設定「高」でプレスしていました。間違いだったようです。
今まで焦げたことはなかったのは幸いでした。
ひょっとしたらコードレスアイロンだったのが逆によかったのかもしれません。
温度設定、次回から気を付けてみます!!
スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。