訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.30

ガーデニング用品にもステッカー♪

gar1.jpg
↑画像クリックで拡大します

小さな家庭菜園をはじめたので、シールを作っていろいろと遊んでみました。
味気ないプランターも可愛くなりました♪

全て「ステッカー作成シート(ホワイト)」を使用しています。
作り方などは、「ラミネートシール」と全く同じです。(どちらも完全防水、見た目もソックリ)

違うのは「UV99%カット」の効果があるかないか、だけです。紫外線による褪せを防いでくれるので色が長持ちするそうです。
直射日光が当たるガーデニングにはステッカー作成シートが向いているようですね。

gar3.jpg
↑画像クリックで拡大します

gar4.jpg

土に挿しているこのプレートもステッカー作成シートで作ってます。
名前付けのアイデア☆ラミネートシールで名前カードと同じ方法です。
丈夫にしたかったので、余っているクリアホルダー(100均などにも売っている文具用品です)に貼り付けて切り抜きました。
くにゃっと柔らかいですが、土に穴をあらかじめ開けておいてから挿し込めば、特に問題なく使えそうです。
もちろん水がかかっても大丈夫。

gar5.jpg

↑育てている植物の名前のシールを作ったり。

gar2.jpg

↑ガーデニングに使う道具にも貼ってみました。
スポンサーサイト

ステッカー作成シートトラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

06.30

パパとおそろいTシャツ

oso1.jpg
↑画像クリックで拡大します

パパと息子のペアルックTシャツが完成しました。
型紙:RickRack(パパ用) 「クライ・ムキの子供服」(息子用)

↓おなじみのオリジナルタグも作りました。

oso2.jpg

サイズの表記だけ違います。(上:パパ用 下:息子用)
これは「パパと男の子のおそろい服」をコンセプトにした”なんちゃってブランド”のつもりです。(笑)
(文法的には変な英語かもしれませんが深く気にしないでくださいね^^;)

「洗濯につよいアイロン転写シート」使用

oso3.jpg

パパTシャツの左袖にはこんなメッセージタグをワンポイントにつけましたよ。

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.27

ナンバリング☆ラベル

こまごまとしたものを整理するのに同じ形のケースをたくさん用意して分類してしまうとスッキリします。
でも全く同じだと区別がつかず「あれ、どのケースにしまった?」となることも多いのです。
1つ1つのケースにラベリングをしてもよいのですが、中に入ってるものがちょくちょく変わったりもするので、その度に作り直すのも大変。

num03.jpg
↑画像クリックで拡大します

そこでナンバリング用のラベルを作りました。
これは手芸小物を作るのに裁断した布を保管しておく透明なケースです。
過程別にわけておくと作業を中断しても後で迷うことがありません。

「ラミネートシール(ホワイト)」使用

違う用途に使うことになっても、きれいに剥がせるのがいいですね。
普通の紙のシールですと長い間貼っているとうまく剥がれないこともありました。

num01.jpg

num02.jpg
↑画像クリックで拡大します

モノクロバージョンも作りました。
同じ種類で揃えたアルバムやノートなどにも使えそうです。


ラミネートシールトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.27

はいはい赤ちゃんに天使の羽プリント

ang01.jpg
↑画像クリックで拡大します

シンプルな夏用ベビー服(ロンパース)がちょっとさみしかったので、背中部分にアイロンプリントをしてみました。
はいはいが活発な赤ちゃんですと、お腹側より背中側をよく見せていることが多いですものね。
背中ということで、モチーフに思いついたのが天使の羽。

「おてがるアイロンプリントシール」使用

ang02.jpg
↑画像クリックで拡大します

白抜きのプリントは、転写シートの裏側に図案を印刷することで作れます。
背番号の作り方(クイックアートHP内)が参考になりますよ。

ang03.jpg

実際に着せてみました。
羽部分のプリントはもう少し上でもよかったかもしれないです。
でも可愛くできたので満足です。^^

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.20

なんちゃってユニフォームな肌着

ha01.jpg
↑画像クリックで拡大します

3枚入りで安かった子供の肌着、サッカーで賑わってるのでなんとなくユニフォームを意識してリメイクしてみました。
(でもサッカーのユニフォーム、番号は真ん中か右側にあるものが多いみたいですね。^_^;)

ha02.jpg

胸元部分のプリントです。
「おてがるアイロンプリントシール」使用

モノが肌着だししかも淡色なので、「洗濯につよいアイロン転写シート」を使えばよかったかな?と後から気付きました。
こっちの方がシートも薄く布へもよくなじむ気がしてます。

あと色も真っ黒ではなくもう少し明るめの色にしたらよかったかな、と感じました。
もしもう一度できるなら水色か薄い紺色にしてみたいです。

転写は今回はうまくできました!
周りの切り取りを丁寧にしておくのがキレイに仕上げるコツです。

ha03.jpg

首の後ろ部分のプリントです。
こちらは「洗濯につよいアイロン転写シート」使用
淡色ならやはり「洗濯につよいアイロン転写シート」を使った方が下の布ともよくなじむようですね。

ただし転写は見ての通り少し失敗です。。。
(他の2枚はもっと大幅に失敗してしまいました)

圧力をかけながらアイロンを滑らせてしまったことが原因のようです。
小さいプリントはどうしてもズレてしまいやすいですね。
仕上げシートをのせるとプリント部分は見えにくくなるので、ここが細心の注意のしどころです。今度はうまくいきますように・・・

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.20

夏用パジャマをセットアップ風に

pj01.jpg
↑画像クリックで拡大します

暑くなってきたので子供の夏用のパジャマを用意しました。
夏らしい元気な色合いのTシャツには、控えめにワンポイントのプリントを。

「おてがるアイロンプリントシール」使用

pj03.jpg
↑画像クリックで拡大します

前回の子供用パジャマは身頃全体に大きめにプリントをしたらその部分の生地がごつくなってしまったのです。
秋冬用ならそれでも構わないのですが、この布はもともと薄手で夏用としては通気性も欲しかったので、あえてこのサイズにしました。

pj02.jpg

pj04.jpg

実はこのパジャマ、Tシャツは手作りでスパッツは既製のものです。
■「クライ・ムキの子供服」 Tシャツの型紙はこの本を使いました
同じタグをつけることでセットアップのように見えませんか?

オリジナルタグはTシャツの首後ろにつけると、既製品っぽくなりますね。毎度おなじみの小技です。

タグは「洗濯につよいアイロン転写シート」使用

スパッツは前後がわかりにくいので、タグをつけると子供にも前後ろがわかりやすくなるという利点もありますよ。

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.12

おそろいラベルでお掃除を楽しく!

重曹容器のリメイクが予想以上に可愛くできたので(笑)、このギンガム柄でお掃除グッズのお揃いラベルを作ってみることにしました。

ナチュラルクリーニングとは、重曹やクエン酸、お酢、石けんなど家にある身近な素材でお掃除をすることです。
お掃除用に使いやすくするために容器を用途別に用意するとよいのですが、別々に買うとテイストが違ってきてしまいます。

nat1.jpg
↑画像クリックで拡大します

こうしてラベルをお揃いにすると、ちょっと統一感が出ると思いませんか?
スプレーボトルは100均で購入したものです。100均にはナチュラムクリーニングに使える容器がたくさんありますよ。

nat3.jpg
↑画像クリックで拡大します

もちろん「ラミネートシール(ホワイト)」使用。防水なのでお掃除グッズのラベルには最適です。
これだけでお掃除するのが楽しくなりそうな気がします。

ラミネートシールトラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

06.12

重曹(ベーキングソーダ)の容器をリメイク

お料理などに使う「重曹(ベーキングソーダ)」は流行のナチュラルクリーニングではお掃除にもよく登場しますね。
我が家でも食器洗いやキッチン周りの掃除に大活躍しています。

この重曹を入れておく容器、使いやすくかつ可愛くて手頃なもの(欲張り過ぎですね...汗)は探してもなかなか見つかりません。
仕方がないのでしばらくは市販されている重曹のシェーカー容器のラベルをはがして使っていました。
■アーム&ハンマー(ARM & HAMMER) 重曹 この容器です。

でもやはり物足りないし、自分以外の人には何が入っているかわからないのが不満でした。

そこで、「ラミネートシール(ホワイト)」でリメイク!

j1.jpgj2.jpg
↑画像クリックで拡大します


もちろん防水加工なのでキッチン周りに置いても大丈夫。濡れた手で触っても平気です。

ただ、貼る面が急な曲線の場合、端が少しはがれやすいかもしれないとスタッフの方に聞いていたので

nat.2.jpg

少し長めに作って1cmほど重ねました。
ラミネートシール同士の方が直接容器に貼るよりも強く接着するようです。こうすることではがれにくくなりました。
しばらく使っていますが、今のところしっかりと接着していてはがれる気配はないようです。

大好きなライムグリーンのギンガムチェックでキッチンも明るくなりました♪

ラミネートシールトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

06.12

おもちゃや絵本にもお名前シール

よく持ち歩くおもちゃに貼る、お名前シールを作りました。
例えば子連れで集まる育児サークルのような場所では、それぞれ自宅のおもちゃを持ち寄って遊ばせることがあります。
そうすると帰りの時間にはおもちゃが行方不明になり「これ、誰々さんの?」となってしまうこともしばしば・・・
そうした手間を省くためにお名前シールをつけようと考えました。

eh1.jpg

eh2.jpg

「文具用フィルムシール」使用

今回はクリアタイプを使いました。
クリアタイプですと木のおもちゃにもなじんて悪目立ちせず気に入りました!
(でも塗装した木ですと長時間付けたままにしているとシールを剥がすときに塗装も剥げる可能性もあるかもしれませんね。要注意です。)

ラミネートシールでも同じようにお名前シールが作れるのですが、文具用フィルムシールですと非常に薄いので曲線が多いおもちゃにも張りやすく、ラミネート加工がないぶん手軽に作れます。

お気に入りの絵本にも貼ってみました。

eh3.jpg

これで「自分のおもちゃ・絵本だ!」と認識して、大事に扱ってくれるようになるといいんですけど。(笑)
(お分かりかもしれませんが『くいくあーと』は仮名です・・・)

ただ、おもちゃや絵本は小さい赤ちゃんですと舐めたり濡れた手でこすったりする場合があります。
文具用フィルムシールはラミネートシールとは違い、防水加工ではありません。

そこでちょっと意地悪な実験。(クイックアートさんごめんなさい)

シールに霧吹きの水を吹き付けて、しばらくしてから布で拭きとってみました。

qa2.jpg

実際それほど見にくくはならなかったのですが、少しインクが布に付いてしまいました。

小さな赤ちゃんがいる家庭ですと、上にもう一枚印刷していないシールを貼って表面を保護するか、やはりラミネートシールを使った方がよいかもしれないです。

文具用フィルムシールトラックバック(0)  コメント(4) 

    2006

06.06

アイロンプリントでピスネーム

オリジナルタグを参考に、今度はピスネームを作りました。
ピスネーム作りも基本はオリジナルタグと同じです。

stb4.jpgstb3.jpg

人気ブログランキング
参加中!手芸・ハンドクラフトblogランキング

 ...READ MORE?

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。