訪問ありがとうございます♪
『OnlyOne』を作ろう はクイックアートのモニターによる手作りブログです。
はじめましての方はごあいさつからどうぞご覧くださいね。
当ブログへのコメント&トラックバックに関してはコメントとトラックバックについてをお読みいただければ幸いです。 >>『OnlyOne』を作ろう-サイトマップ目的別
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
♪♪アイロンプリント素材・出品中♪♪

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

05.31

おとぼけうさぎのスタイ

st3.jpg
↑画像クリックで拡大します

赤ちゃんの使うスタイ(よだれかけ)はうさぎの形にも見えます。
なので、アイロンプリントで「顔」を作りました。(笑)
なかなか可愛くできて自己満足です。

「おてがるアイロンプリントシール」使用

作り方のポイントは、ズバリ「はさみ使い」!
切り取る図案が細いのでよく切れるはさみを使って慎重に慎重に切り取りました。

st1.jpg
↑画像クリックで拡大します

全部で3枚作りました。(スナップを付けて完成です)
同じように作ったつもりでも、全部表情が違ってくるのがいいですね。

st2.jpg
↑画像クリックで拡大します

反対側はパッチワークです。リバーシブルで使えます。
こちらはオリジナルタグを作り、ワンポイントにしました。
参考:アイロンプリントでオリジナルタグ作り

使う赤ちゃんの生まれた年と月のプリントです。
出産のお祝いにもオリジナルタグで作ったスタイと一緒にプレゼントしました。

スポンサーサイト

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.30

出産のお祝いにもオリジナルタグ

srb2.jpg

出産のお祝いにオリジナルタグを作りました。
この数字は、生まれた赤ちゃんにとってちょっと特別な意味を持つ数字です。(わかりますか?)

srb3.jpg
↑画像クリックで拡大します

プレゼントする手作りスタイにもワンポイントとして付けました。
名前やイニシャル、生年月日、生まれた時間などをモチーフにしてもいいですね。

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.30

入園グッズ*無地のタオルをデコレーション

ta2.jpg
↑画像クリックで拡大します

こちらも入園グッズ、手ふきタオルです。
家にあったハンドタオルを流用したのですが、これでは味気ないかな?と思い、少し手を加えてみました。
クイックアートさんのHPによると「パイル部分にはアイロンプリントがのりにくい」とのことでしたので、両端に総柄っぽくに小さいキャラクターをちりばめてみました。

「洗濯につよいアイロン転写シート」使用

白・淡色用のアイロンプリントなので、周りに余白を少し残して転写しました。

反省点は、アイロンプリントが小さすぎて転写するのが難しかったこと。折れ曲がってしまい、失敗した部分もあります。
細長い図柄だったらもっと付けやすかったかな。

それでもはがれてくる様子はなさそうです!
既に何度か洗濯をしましたが、これだけ小さくてもきちんと転写しておけば大丈夫なんですね。さすがです。

ta1.jpg
全体図です。

あとひとつの反省点、幼児が使うには地味すぎました・・・
もっとカラフルな色合いにすればよかったかもです。

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.29

入園グッズ*キャラクターのアップリケ

mi1.jpg
↑画像クリックで拡大します

今春新たに作った入園グッズにつけた、フェルトのアップリケです。
子供の大好きなキャラクターをモチーフにしました。
「布用両面シート」使用

実は失敗が多かった、この布用両面シート。
慣れてしまえば「こんな便利なものはない!」になるのですが・・・(笑)
手軽にアップリケが作れて、その上ちゃんと布に接着ができるのですから(^^)洗濯をしてもほつれたりしてこないです。

よく失敗したのは、「つるつる面」と「ざらざら面」を逆にしてしまった間違い。
それから、アイロンを接着シートののり部分がくっついてしまってオロオロしてしまいました。(初歩的なミスですね^^;)
これは、除光液できれいに掃除することができました。

「裏紙をシールのようにはがす」のにもはじめは苦労しました。
コツは、端までしっかりとアイロンで接着すること!
きちんと接着できていれば、きれいに裏紙がはがすことができます。

重要!アイロン使いのコツも参照くださいね。

布用両面シートトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.29

重要!アイロン使いのコツ

アイロンプリントや布用両面シートを上手に仕上げるには、1番重要なのは、ずばり!アイロンの扱い方です。

忘れちゃいけないのは、

アイロンは真ん中が熱い!・・・ということ

これはどんな意味かと言いますと(笑)、アイロンプリントも布用両面シートも「シートに熱を伝えて転写(or接着)する」ものなので、シートが十分に熱くならないときれいに仕上がらないのです。

普通のアイロンは三角の形をしています。細かい作業が多いとこの三角のてっぺんの方をよく使いがちです。
私がそうでした・・・。

アイロンは真ん中の部分が1番熱いので、端では十分な熱を伝えられません。いくら圧力をかけても熱くなっていないとダメなのです。

このため、転写(or接着)した!と思っていても、時間が経ったり洗濯したりするとはがれてきてしまう・・・なーんてことが使い始めの初期にはよくありました。

あれれ、洗濯に強いはずのアイロンプリントなのに・・・?
困ってスタッフの方に相談をすると、上記のアドバイスをいただきまして、アイロンの真ん中部分で圧力をかけるようにしたらこのような失敗が減りましたよ。

アイロンをいろんな方向に向かせて圧力をかけてみるのもうまく仕上がるポイントみたいです。



アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.02

名前付けのアイデア☆ラミネートシールで名前カード

通園用かばんなど幼児向けバッグへのお名前付け。これは少しレベルが高いです。
市販のものですと、ポケットに名前を書いた紙などを入れるようになってるタイプも多いですね。
でも中身がただの紙だと、使っているうちに湿気や雨でたわんだり汚れたりしてしまいます。

np1.jpg
↑画像クリックで拡大します

そこで、「ラミネートシール」を使って丈夫なお名前カードを作りました。
防水加工なので雨に濡れても平気です。

np2.jpg


作り方は簡単です。
まず、作りたいサイズに合わせてラミネート部分に名前を印刷し、シールを作ります。
そしてそのシールをプラやナイロンの包装袋など耐久性のありそうな素材に貼り付けて切り取るだけです。(廃材を利用できますよ!)

今回は、服が包装されていた厚手のショッピングバッグを使いました。
もちろん紙に貼ってもいいのですが、裏側が紙だと表面の汚れには強くても湿気には弱そうです。
適当な素材がない場合は、ラミネートシールのラミネート部分を使ってもよいですね。
丈夫に仕上がりますよ。

ラミネートシールトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.02

名前付けのアイデア☆直接プリントしにくいものには

入園や入学などの準備は楽しいものですが、大変なのが大量のお名前付けですね。
保育園などでは服から下着、小物の1つ1つに名前を付けてください、と指示がある場合もあるようです。

こんな時、「おてがるアイロンプリントシール」なら、ほとんどの服・肌着、よく伸びる水着や靴下にだってプリントできるのですが、中には直接プリントしづらいものあります。
表面に凹凸があったり、熱で変色してしまうような素材は、アイロンプリントには向きません・・・

nam.jpg

そこで、アイロンプリントでオリジナルタグ作りのアイデアを拝借。

名前をテープにプリントしておき、縫い付けるだけです。

それにこの方法で名前付けをしておけば、糸をほどくだけで服もお下がりにできますし、フリマやバザーに出すこともできますね。
あらかじめ縫い目は粗めにしておくと、ほどくのが楽ですよ。

アイロンプリントトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.01

仲良しのしるし♪おそろいキーホルダー

世界にただ2つだけの、おそろいキーホルダーを作りました。
1つは子供のお友達にプレゼントしようと思います。(^^)
(小さな子供はこんな「おそろい」が大好きですよね)

「ちぢめてキーホルダー」使用

sh1.jpg
↑画像クリックで拡大します

ちぢめるカードは縦方向に1割ほどよく縮むので(横方向に比べて)、あらかじめ画像を縦長に変形させておくのがポイントです。
写真のように、キーホルダーの形の輪郭も一緒に印刷しておくと綺麗に切り取ることができます。
穴開けは文具用のパンチを使いました。

と、ここまでは順調に進んだのですが、肝心のオーブントースターで縮める段階で問題発生!
何度やっても成功しないのです・・・


sh3.jpg 悲しき残骸たち。

そこでクイックアートのスタッフの方に相談したところ、なんと私が重大な勘違いをしていることがわかりました。
縮みはじめたらすぐに取り出さずに、縮みきるまで待つのが正解だったのです。
今までは縮みだした段階で、慌てて取りだしてしまってました。だからうまくいかなかったんですね。

実は説明にもきちんと書いてあるのですが、反り返って形が歪みまくったカードを見るとあせってしまってました。あせらずにしばらく待っていれば平らに近い状態まで縮みきります。

sh2.jpg


やーっと、成功しました。なかなかの出来栄えです♪
インク面にはニスやラッカーを塗ると長持ちするそうなので、マニキュアのトップコートを塗っておきました。

『すしひつじ』キャラクター提供:アル・デザインワークスさま

ちぢめてキーホルダートラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。